トップページ > 実態調査 > 第3回実態調査 候補者の回答(集計)

第3回実態調査「EPAに基づく看護師・介護福祉士候補者調査」集計表 【受入候補者】

アンケートの質問内容と集計結果は以下のとおり。

問1.あなたの職場はどれですか。


  回答数 構成比
合計 369 100.0%
(1) 病院 161 44.0%
(2) 特別養護老人ホーム 147 40.2%
(3) 老人保健施設 54 14.8%
(4) 障害者施設 4 1.1%
無回答 3 -

↑ページの先頭へ戻る



問2.あなたの立場はどれですか。


  回答数 構成比
合計 369 100.0%
(1) 第一陣インドネシア看護師候補者 23 6.4%
(2) 第一陣インドネシア介護福祉士候補者 24 6.7%
(3) 第一陣フィリピン看護師候補者 21 5.8%
(4) 第一陣フィリピン介護福祉士候補者 52 14.4%
(5) 第二陣インドネシア看護師候補者 84 23.3%
(6) 第二陣インドネシア介護福祉士候補者 70 19.4%
(7) 第二陣フィリピン看護師候補者 28 7.8%
(8) 第二陣フィリピン介護福祉士候補者 14 3.9%
(9) 第三陣インドネシア看護師候補者 9 2.5%
(10) 第三陣インドネシア介護福祉士候補者 35 9.7%
無回答 9 -

↑ページの先頭へ戻る



問4.性別


  回答数 構成比
合計 369 100.0%
(1) 男 70 19.3%
(2) 女 293 80.7%
無回答 6 -

↑ページの先頭へ戻る



問5.EPAに応募する以前に、日本に来たことはありましたか。


  回答数 構成比
合計 369 100.0%
(1) 1年以上住んだことがある 15 4.2%
(2) 短期間来たことがある 15 4.2%
(3) 来たことがない 328 91.6%
無回答 11 -

↑ページの先頭へ戻る



問6.EPAに応募する以前に、日本語を勉強したことはありましたか。(複数回答)


  回答数 構成比
合計 389 100.0%
(1) 高校で勉強した 3 0.8%
(2) 大学・専門学校(日本語学科)で勉強した 13 3.5%
(3) 大学・専門学校(日本語学科以外)で勉強した 21 5.6%
(4) 語学学校で勉強した 28 7.4%
(5) 自分で勉強した 43 11.4%
(6) 勉強したことはない 268 71.3%
無回答 13 -

↑ページの先頭へ戻る



問7.EPAに応募する以前に、日本語を勉強する機会があれば、勉強したかったですか。


  回答数 構成比
合計 369 100.0%
(1) 勉強したかった 271 75.7%
(2) 勉強したくない 33 9.2%
(3) どちらともいえない 54 15.1%
無回答 11 -

↑ページの先頭へ戻る



問8.家族や友人でEPAに参加している人はいますか。


  回答数 構成比
合計 369 100.0%
いる 152 41.8%
いない 212 58.2%
無回答 5 -

↑ページの先頭へ戻る



問9.どうしてEPAに基づく看護師・介護福祉士候補者に応募しようと思いましたか。(複数回答)


  回答数 構成比
合計 770 100.0%
(1) 日本に来たい 178 23.3%
(2) 日本の看護・介護を学びたい 219 28.7%
(3) 日本の資格をとって日本で働き続けたい 259 33.9%
(4) 高収入が得られるから 90 11.8%
(5) その他 17 2.2%
無回答 7 -

↑ページの先頭へ戻る



問10.不安なことはありますか。(複数回答)


  回答数 構成比
合計 794 100.0%
(1) 健康上の不安 56 7.2%
(2) 家族に関する不安 129 16.5%
(3) 日本語に関する不安 169 21.6%
(4) 国家試験に関する不安 297 38.0%
(5) 日本の生活になじめない 23 2.9%
(6) 職場環境になじめない 17 2.2%
(7) 収入や待遇が期待と違っている 24 3.1%
(8) 仕事の内容が期待と違っている 48 6.1%
(9) その他 18 2.3%
無回答 13 -

↑ページの先頭へ戻る



問11.あなたの今の日本語能力はどれくらいですか。(複数回答)


  回答数 構成比
合計 606 100.0%
(1) 国家試験受験に十分な日本語能力がある 53 8.9%
(2) 業務に差し支えない日本語能力がある 53 8.9%
(3) 記録作成に必要な読み書きができる 55 9.2%
(4) 会話は問題ないが、読み書きには不安がある 171 28.7%
(5) 会話は不十分ではあるが、意思疎通は可能である 151 25.3%
(6) 日本語によるコミュニケーションが困難である 113 19.0%
無回答 10 -

↑ページの先頭へ戻る



問12.就労開始時の日本語能力は、どれくらいでしたか。(複数回答)


  回答数 構成比
合計 521 100.0%
(1) 国家試験受験に十分な日本語能力があった 20 3.9%
(2) 業務に差し支えない日本語能力があった 28 5.5%
(3) 記録作成に必要な読み書きができた 26 5.1%
(4) 会話は問題ないが、読み書きには不安があった 96 18.8%
(5) 会話は不十分ではあるが、意思疎通は可能であった 140 27.4%
(6) 日本語によるコミュニケーションが困難であった 201 39.3%
無回答 10 -

↑ページの先頭へ戻る



問13.国家試験について、あなたの考えに最も近いものはどれですか。


  回答数 構成比
合計 369 100.0%
(1) 期間内に合格して看護師・介護福祉士として働きたい 147 40.7%
(2) 期間終了後であっても合格して看護師・介護福祉士として働きたい 125 34.6%
(3) 合格したいが無理だと思う 57 15.8%
(4) 日本での資格よりも、母国で経験を生かしたい 19 5.3%
(5) 合格よりも勤務を優先したい 13 3.6%
無回答 8 -

↑ページの先頭へ戻る



問14.第一陣看護師候補者に対して、在留1年延長がされましたが、どう思いますか。


  回答数 構成比
合計 369 100.0%
(1) 1年延長すれば必ず国家試験に合格できると思う 246 73.0%
(2) 1年延長しても合格できないと思う 68 20.2%
(3) 合格できるかもしれないが、延長はしたくない 23 6.8%
無回答 32 -

↑ページの先頭へ戻る



問15.一番必要だと思う学習は何だと思いますか。


  回答数 構成比
合計 369 100.0%
(1) 日本語 54 15.0%
(2) 国家試験合格のための看護、介護の専門の学習 244 67.6%
(3) どちらとも必要 63 17.5%
無回答 8 -

↑ページの先頭へ戻る



問16.母国や海外で学んできた看護について、日本の現場で違いを感じることはありますか?


  回答数 構成比
合計 369 100.0%
(1) はい、あります(→問17へ) 191 58.1%
(2) いいえ、同じです 138 41.9%
無回答 40 -

↑ページの先頭へ戻る



問17.何が違いましたか。自由に書いてください。


  回答数 構成比
合計 191 100.0%
(1) 記述有 146 100.0%
無回答 45 -

↑ページの先頭へ戻る



問18.あなたの今の国家試験合格可能性は、どれに最も近いですか。


  回答数 構成比
合計 369 100.0%
(1) 合格確実 16 4.5%
(2) 合格の可能性が高い 54 15.3%
(3) どちらともいえない 157 44.6%
(4) 合格の可能性が低い 114 32.4%
(5) 合格の見込みがない 11 3.1%
無回答 17 -

↑ページの先頭へ戻る



問20.一日の学習時間の内、勤務時間内の学習時間はありますか。


  回答数 構成比
合計 369 100.0%
(1) あり 339 96.0%
(2) なし 14 4.0%
無回答 16 -

↑ページの先頭へ戻る



問21.学習を支援してくれている人・学校を選んでください。(複数回答)


  回答数 構成比
合計 932 100.0%
(1) 職場の管理職 131 14.2%
(2) 職場の医師 38 4.1%
(3) 職場の看護師・介護福祉士 203 22.0%
(4) 職場の教育担当者 134 14.5%
(5) 日本語教師 120 13.0%
(6) 日本語ボランティア 92 10.0%
(7) 国家試験対策専門の教師 48 5.2%
(8) 国家試験対策のボランティア 34 3.7%
(9) 看護学校・介護系専門学校 25 2.7%
(10) 予備校 7 0.8%
(11) 通信教育 19 2.1%
(12) 友人・知人 57 6.2%
(13) なし 13 1.4%
無回答 11 -

↑ページの先頭へ戻る



問22.どのくらいの滞在期間がちょうど良いと思いますか。


  回答数 構成比
合計 369 100.0%
(1) 今よりも短くして欲しい 17 4.8%
(2) 今と同じで良い 107 30.1%
(3) 今よりも1年長くして欲しい 102 28.7%
(4) 今よりも2年長くして欲しい 44 12.4%
(5) 今よりも3年以上長くして欲しい 85 23.9%
無回答 14 -

↑ページの先頭へ戻る



問23.国家試験問題の読みにくい専門用語をひらがなにすることは、どう思いますか。


  回答数 構成比
合計 369 100.0%
(1) ひらがなにして欲しい 267 74.4%
(2) どちらかといえばひらがなにして欲しい 41 11.4%
(3) どちらともいえない 15 4.2%
(4) どちらかといえば、ひらがなにしなくて良い 13 3.6%
(5) ひらがなにしなくて良い 23 6.4%
無回答 10 -

↑ページの先頭へ戻る



問24.国家試験問題の難しい漢字にふりがながつくことは、どう思いますか。


  回答数 構成比
合計 369 100.0%
(1) つけて欲しい 294 81.9%
(2) どちらかといえばつけて欲しい 34 9.5%
(3) どちらともいえない 13 3.6%
(4) どちらかといえば、つけなくて良い 10 2.8%
(5) つけなくて良い 8 2.2%
無回答 10 -

↑ページの先頭へ戻る



問25.EPAに基づく候補者として日本に来たことに満足していますか。


  回答数 構成比
合計 369 100.0%
(1) 満足 188 53.3%
(2) どちらかといえば満足 98 27.8%
(3) どちらともいえない 47 13.3%
(4) どちらかといえば不満 9 2.5%
(5) 不満 11 3.1%
無回答 16 -

↑ページの先頭へ戻る



問26.友人や家族に、EPAに基づく看護師・介護福祉士候補者として日本に来ることを勧めますか。


  回答数 構成比
合計 369 100.0%
(1) 勧める 219 61.5%
(2) どちらかといえば勧める 57 16.0%
(3) どちらともいえない 53 14.9%
(4) どちらかといえば勧めない 7 2.0%
(5) 勧めない 20 5.6%
無回答 13 -

↑ページの先頭へ戻る



問27.その他、ご自由にご意見をお書きください。


  回答数 構成比
合計 369 100.0%
(1) 記述有 111 100.0%
無回答 258 -

↑ページの先頭へ戻る


次へ(候補者の回答(記述))