トップページ > 実態調査 > 第2回実態調査 受入施設の回答(集計)

第2回実態調査 「EPAに基づく看護師・介護福祉士候補者調査」集計表 【受入施設】

アンケートの質問内容と集計結果は以下のとおり。

問1.貴施設は次のどれにあたりますか


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) 病院 68 50%
(2) 特別養護老人ホーム 48 35.3%
(3) 老人保健施設 18 13.2%
(4) 障害者施設 2 1.5%
無回答 1 -

↑ページの先頭へ戻る



問2.回答者は次のどれにあたりますか。最も近いものをお選びください。


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) 経営者・理事長 4 3.0%
(2) 院長・施設長 13 9.7%
(3) 事務長(事務系管理職) 38 28.4%
(4) 師長・主任等(現場管理職) 49 36.6%
(5) 教育担当者・EPA担当者 30 22.4%
無回答 3 -

↑ページの先頭へ戻る



問3.受け入れていらっしゃる候補者は、以下のどれにあたりますか


  回答数 構成比
合計 311 100.0%
(1) 第一陣インドネシア看護師候補者 59 19.0%
(2) 第一陣インドネシア介護福祉士候補者 21 6.8%
(3) 第一陣フィリピン看護師候補者 36 11.6%
(4) 第一陣フィリピン介護福祉士候補者 58 18.6%
(5) 第二陣インドネシア看護師候補者 75 24.1%
(6) 第二陣インドネシア介護福祉士候補者 62 19.9%
無回答 0 0.0%

↑ページの先頭へ戻る



問4.その内、既に帰国した候補者がいる場合は、帰国者をご記入ください


  回答数 構成比
合計 311 100.0%
(1) 帰国した 10 3.2%
(2) 帰国していない 285 91.6%
無回答 16 5.1%

↑ページの先頭へ戻る



問5.帰国についての申し出はどちらからありましたか。


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) 候補者 8 80.0%
(2) 受入病院・施設 0 0.0%
(3) 双方 2 20.0%
無回答 127 -

↑ページの先頭へ戻る



問6-1.帰国理由で、あてはまるものを次の内からいくつでもお選びください。(複数回答)


  回答数 構成比
合計 145 100.0%
(1) 本人の健康上の理由 5 27.8%
(2) 家族に関する理由 5 27.8%
(3) 日本の生活になじめなかったため 2 11.1%
(4) 職場環境になじめなかったため 1 5.6%
(5) 収入や待遇が期待と違っていたため 1 5.6%
(6) 仕事の内容が期待と違っていたため 1 5.6%
(7) 国家試験に合格できないと判断したため 2 11.1%
(8) その他 1 5.6%
無回答 127 -

↑ページの先頭へ戻る



問7-1.候補者の受入理由:国際親善


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) あてはまる 59 47.6%
(2) どちらかといえばあてはまる 41 33.1%
(3) どちらともいえない 13 10.5%
(4) どちらかといえばあてはまらない 5 4.0%
(5) あてはまらない 6 4.8%
無回答 13 -

↑ページの先頭へ戻る



問7-2.候補者の受入理由:人材確保


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) あてはまる 34 27.9%
(2) どちらかといえばあてはまる 25 20.5%
(3) どちらともいえない 21 17.2%
(4) どちらかといえばあてはまらない 14 11.5%
(5) あてはまらない 28 23.0%
無回答 15 -

↑ページの先頭へ戻る



問7-3.候補者の受入理由:将来の人材育成


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) あてはまる 49 39.2%
(2) どちらかといえばあてはまる 33 26.4%
(3) どちらともいえない 20 16.0%
(4) どちらかといえばあてはまらない 7 5.6%
(5) あてはまらない 16 12.8%
無回答 12 -

↑ページの先頭へ戻る



問7-4.候補者の受入理由:職場の意識改革


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) あてはまる 26 21.3%
(2) どちらかといえばあてはまる 51 41.8%
(3) どちらともいえない 22 18.0%
(4) どちらかといえばあてはまらない 11 9.0%
(5) あてはまらない 12 9.8%
無回答 15 -

↑ページの先頭へ戻る



問7-5.候補者の受入理由:国際事業展開準備


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) あてはまる 8 6.9%
(2) どちらかといえばあてはまる 11 9.5%
(3) どちらともいえない 22 19.0%
(4) どちらかといえばあてはまらない 19 16.4%
(5) あてはまらない 56 48.3%
無回答 21 -

↑ページの先頭へ戻る



問8-1. 満足度:国際親善


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) 満足 19 15.8%
(2) どちらかといえば満足 42 35.0%
(3) どちらともいえない 49 40.8%
(4) どちらかといえば不満 4 3.3%
(5) 不満 0 0.0%
(6) もともと期待していない 6 5.0%
無回答 17 -

↑ページの先頭へ戻る



問8-2.満足度:人材確保


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) 満足 6 5.0%
(2) どちらかといえば満足 24 19.8%
(3) どちらともいえない 49 40.5%
(4) どちらかといえば不満 10 8.3%
(5) 不満 5 4.1%
(6) もともと期待していない 27 22.3%
無回答 16 -

↑ページの先頭へ戻る



問8-3.満足度:将来の人材育成


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) 満足 10 8.1%
(2) どちらかといえば満足 18 14.6%
(3) どちらともいえない 66 53.7%
(4) どちらかといえば不満 10 8.1%
(5) 不満 4 3.3%
(6) もともと期待していない 15 12.2%
無回答 14 -

↑ページの先頭へ戻る



問8-4.満足度:職場の意識改革


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) 満足 6 4.9%
(2) どちらかといえば満足 58 47.5%
(3) どちらともいえない 45 36.9%
(4) どちらかといえば不満 4 3.3%
(5) 不満 0 0.0%
(6) もともと期待していない 9 7.4%
無回答 15 -

↑ページの先頭へ戻る



問8-5.満足度:国際事業展開準備


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) 満足 1 0.9%
(2) どちらかといえば満足 14 12.6%
(3) どちらともいえない 40 36.0%
(4) どちらかといえば不満 3 2.7%
(5) 不満 4 3.6%
(6) もともと期待していない 49 44.1%
無回答 26 -

↑ページの先頭へ戻る



問9-1.職場の変化:職員教育制度の改善


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) あてはまる 10 7.4%
(2) どちらかといえばあてはまる 33 24.4%
(3) どちらともいえない 46 34.1%
(4) どちらかといえばあてはまらない 17 12.6%
(5) あてはまらない 29 21.5%
無回答 2 -

↑ページの先頭へ戻る



問9-2.職場の変化:業務体制の改善


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) あてはまる 6 4.6%
(2) どちらかといえばあてはまる 38 29.0%
(3) どちらともいえない 51 38.9%
(4) どちらかといえばあてはまらない 6 4.6%
(5) あてはまらない 30 22.9%
無回答 6 -

↑ページの先頭へ戻る



問9-3.職場の変化:丁寧な言葉遣いを心がける


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) あてはまる 10 7.5%
(2) どちらかといえばあてはまる 54 40.6%
(3) どちらともいえない 51 38.3%
(4) どちらかといえばあてはまらない 9 6.8%
(5) あてはまらない 9 6.8%
無回答 4 -

↑ページの先頭へ戻る



問9-4.職場の変化:的確な情報伝達を心がける


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) あてはまる 14 10.5%
(2) どちらかといえばあてはまる 62 46.6%
(3) どちらともいえない 42 31.6%
(4) どちらかといえばあてはまらない 5 3.8%
(5) あてはまらない 10 7.5%
無回答 4 -

↑ページの先頭へ戻る



問9-5.職場の変化:候補者以外の職員も自己研鑽に前向き


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) あてはまる 7 5.3%
(2) どちらかといえばあてはまる 26 19.7%
(3) どちらともいえない 71 53.8%
(4) どちらかといえばあてはまらない 9 6.8%
(5) あてはまらない 19 14.4%
無回答 5 -

↑ページの先頭へ戻る



問9-6.職場の変化:雰囲気が明るくなった


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) あてはまる 21 15.7%
(2) どちらかといえばあてはまる 63 47.0%
(3) どちらともいえない 40 29.9%
(4) どちらかといえばあてはまらない 6 4.5%
(5) あてはまらない 4 3.0%
無回答 3 -

↑ページの先頭へ戻る



問9-7.職場の変化:仕事量が増えた


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) あてはまる 28 20.9%
(2) どちらかといえばあてはまる 59 44.0%
(3) どちらともいえない 37 27.6%
(4) どちらかといえばあてはまらない 4 3.0%
(5) あてはまらない 6 4.5%
無回答 3 -

↑ページの先頭へ戻る



問9-8.職場の変化:財政負担が増えた


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) あてはまる 58 43.3%
(2) どちらかといえばあてはまる 49 36.6%
(3) どちらともいえない 22 16.4%
(4) どちらかといえばあてはまらない 2 1.5%
(5) あてはまらない 3 2.2%
無回答 3 -

↑ページの先頭へ戻る



問9-9.職場の変化:人間関係のもめごとが増えた


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) あてはまる 0 0.0%
(2) どちらかといえばあてはまる 7 5.3%
(3) どちらともいえない 32 24.1%
(4) どちらかといえばあてはまらない 24 18.0%
(5) あてはまらない 70 52.6%
無回答 4 -

↑ページの先頭へ戻る



問9-10.職場の変化:文化・宗教的配慮が必要となった


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) あてはまる 33 24.6%
(2) どちらかといえばあてはまる 40 29.9%
(3) どちらともいえない 30 22.4%
(4) どちらかといえばあてはまらない 11 8.2%
(5) あてはまらない 20 14.9%
無回答 3 -

↑ページの先頭へ戻る



問9-11.職場の変化:患者・利用者からクレームがあった


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) あてはまる 2 1.5%
(2) どちらかといえばあてはまる 5 3.8%
(3) どちらともいえない 17 12.8%
(4) どちらかといえばあてはまらない 26 19.5%
(5) あてはまらない 83 62.4%
無回答 4 -

↑ページの先頭へ戻る



問10.候補者の現在の日本語能力は、以下のどれに当たりますか(複数回答)


  回答数 構成比
合計 439 100.0%
(1) 国家試験受験に十分な日本語能力がある 16 3.6%
(2) 業務に差し支えない日本語能力がある 107 24.4%
(3) 記録作成に必要な読み書きができる 20 4.6%
(4) 会話は問題ないが、読み書きには不安がある 153 34.9%
(5) 会話は不十分ではあるが、意思疎通は可能である 116 26.4%
(6) 日本語によるコミュニケーションが困難である 17 3.9%
無回答 10 2.3%

↑ページの先頭へ戻る



問11.候補者の就労開始時の日本語能力は、以下のどれに当たりますか(複数回答)


  回答数 構成比
合計 351 100.0%
(1) 国家試験受験に十分な日本語能力がある 1 0.3%
(2) 業務に差し支えない日本語能力がある 12 3.4%
(3) 記録作成に必要な読み書きができる 0 0.0%
(4) 会話は問題ないが、読み書きには不安がある 44 12.5%
(5) 会話は不十分ではあるが、意思疎通は可能である 158 45.0%
(6) 日本語によるコミュニケーションが困難である 130 37.0%
無回答 6 1.7%

↑ページの先頭へ戻る



問12.候補者の就労開始時に最低限必要と考えられる日本語能力(複数回答)


  回答数 構成比
合計 181 100.0%
(1) 国家試験受験に十分な日本語能力がある 24 13.6%
(2) 業務に差し支えない日本語能力がある 82 46.6%
(3) 会話は問題ないが、読み書きには不安がある 52 29.5%
(4) 会話は不十分ではあるが、意思疎通は可能である 17 9.7%
(5) 日本語によるコミュニケーションが困難である 1 0.6%
無回答 5 -

↑ページの先頭へ戻る



問13.候補者の国家資格取得に対するお考えは、以下のどれに当たりますか


  回答数 構成比
合計 311 100.0%
(1) 期間内に取得して有資格者として勤務して欲しい 167 53.7%
(2) 期間終了後であっても取得して有資格者として勤務して欲しい 69 22.2%
(3) 取得して欲しいが無理だと思う 61 19.6%
(4) 日本での国家資格取得よりも、母国で経験を生かして欲しい 5 1.6%
(5) 国家資格取得よりも勤務を優先して欲しい 1 0.3%
無回答 8 2.6%

↑ページの先頭へ戻る



問14.現在の国家試験の条件下での候補者の期間内における国家資格取得(国家試験合格)可能性は、以下のどれに当たると思われますか。


  回答数 構成比
合計 311 100.0%
(1) 合格確実 3 1.0%
(2) 合格の可能性が高い 36 11.6%
(3) どちらともいえない 118 37.9%
(4) 合格可能性が低い 101 32.5%
(5) 合格の見込みがない 38 12.2%
無回答 15 4.8%

↑ページの先頭へ戻る



問15.何年間の滞在期間が適切だと思いますか


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) 現行よりも−1年 2 1.5%
(2) 現行通り 39 29.8%
(3) 現行よりも+1年 39 29.8%
(4) 現行よりも+2年 37 28.2%
(5) 現行よりも+3年以上 14 10.7%
無回答 6 -

↑ページの先頭へ戻る



問16.この変更がなされることによって、外国人看護師候補者の国家試験合格率は上がると思いますか(有識者検討チームの取りまとめについて)


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) 上がると思う 8 6.1%
(2) どちらかといえば上がると思う 51 38.9%
(3) どちらともいえない 61 46.6%
(4) どちらかといえば、上がるとは思えない 7 5.3%
(5) 上がると思わない 4 3.1%
無回答 6 -

↑ページの先頭へ戻る



問17.同様の変更が介護福祉士国家試験においてもなされるべきと考えますか


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) 変更されるべき 72 54.5%
(2) どちかといえば変更されるべき 28 21.2%
(3) どちらともいえない 28 21.2%
(4) どちらかといえば変更に反対 2 1.5%
(5) 変更に反対 2 1.5%
無回答 5 -

↑ページの先頭へ戻る



問18.総合的にみて、EPA候補者を受け入れたことに満足していますか


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
(1) 満足 9 6.6%
(2) どちらかといえば満足 51 37.5%
(3) どちらともいえない 57 41.9%
(4) どちらかといえば不満 12 8.8%
(5) 不満 7 5.1%
無回答 1 -

↑ページの先頭へ戻る



問19.今後の外国人職員の受入について(複数回答)


  回答数 構成比
合計 151 100.0%
(1) 今後もEPAに基づく看護師・介護福祉士候補者を受け入れたい 12 8.1%
(2) EPAに限定せず、外国人看護師・介護福祉士を受け入れたい 21 14.1%
(3) 在留資格のある在日外国人を看護師・介護職として受け入れたい 14 9.4%
(4) 今後は、EPAに基づく受け入れはしない 20 13.4%
(5) 外国人職員の受け入れは一切しない 1 0.7%
(6) 未定 81 54.4%
無回答 2 -

↑ページの先頭へ戻る



問20.その他 ご自由にご意見をお書きください


  回答数 構成比
合計 137 100.0%
記述有 30 21.9%
無回答 107 78.1%

↑ページの先頭へ戻る